”MATOME" site for spare time

MATOME

サッカー スポーツ

元スペイン代表フェルナンドトーレスの経歴まとめてみた!師匠たる所以とは!?

更新日:

こんにちは!!

今回はサガン鳥栖に移籍決定で話題のフェルナンドトレース師匠についてお話ししていきたいと思います!!

日本代表について気になる方はこちらから!

本田の嫁は高校時代の相手チームのマネージャー!?

大迫の嫁は半端ないほど美人!?

柴崎岳の嫁は真野恵里菜!?

ではまずはフェルナンドトーレスのプロフィールから!!!

フェルナンドトレース

生年月日 1984年3月20日生

出身 マドリード(スペイン)

ポジション FW

特徴

写真のように金髪が似合う童顔超絶イケメン(〃ω〃)

プレースタイル

スペースがあれば生きる典型的なスピード型ストライカー。意外に空中戦もそこそこいける。

弱点は怪我がち、テクニックが微妙!!

アトレティコ時代

アトレティコで15歳でプロ契約をし順調に得点を重ね、翌2003-04シーズンには19歳にしてクラブの主将に就任した。

同シーズンは得点力に磨きがかかり、リーグ戦35試合で20得点をマークするなど、リーガ・エスパニョーラを代表するストライカーの一人として認知された。

2004-05シーズン以降もコンスタントに得点を積み重ねて実績を積むと「神の子」と崇められ、スペイン代表にも召集されるようになり、2007年にリヴァプールに移籍しました。

リヴァプール時代

移籍初年度の2007〜2008シーズンにいきなりリーグ戦24得点を記録。

20以上の得点は1995〜1996シーズンのロビーファウラー以来の記録となりました。

その甘いルックスと得点能力によりサポーターから絶大な人気を誇り、「ワンダーボーイ」オーウェン以来のアイドルが誕生した。

その後も得点を重ねていくかに思えたが、怪我を繰り返し、クラブも低迷。

そして移籍を決断する。

チェルシー時代

2011年1月には、推定移籍金5000万ポンドでチェルシーに移籍。

ブルーズではリヴァプール時代のような一貫したパフォーマンスを見せることができず、決定力にも陰りが見え始めた。

2011-12シーズンにFAカップとチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験。

CL準決勝、バルセロナとの2ndレグでは当時栄華を極めていたジョゼップ・グアルディオラのチームを絶望に追い込むダメ押し弾を決めた。

チェルシーでは172試合に出場して45得点の記録を残した。

帰って来たアトレティコマドリー時代

2014年の夏にミラン移籍を経験したのち、2015年1月には古巣であるアトレティコ・マドリーに1年半のレンタル移籍で復帰。

2015-16シーズンはシーズンが進むにつれて調子を挙げ、リーグ戦30試合で11得点をマークした。

このシーズン後に完全移籍を果たすと、その後の2シーズンは不動のレギュラーではなかったものの、いずれも公式戦45試合10得点の記録を残した。

まとめ

15歳でプロ契約しその後も準直に得点を重ねたトーレスでしたが、チェルシーで少しピークが落ちたみたいですね(^_^;)

しかしながらも、全盛期のリヴァプールでは素晴らしいゴールをたくさん見してくれました!

移籍したサガン鳥栖では、もっと活躍してくれるでしょう(^^)

頑張れトーレス!!!

-サッカー, スポーツ
-ACミラン, アトレティコマドリー, スペイン代表, チェルシー, フェルナンド・トーレス, リヴァプール

Copyright© MATOME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.