”MATOME" site for spare time

MATOME

都市伝説

「ハウルの動く城」の都市伝説とは!実はハウルとソフィーは死んでいた!?

更新日:

こんにちは!!

ジブリの固定ファンも多くいます。

その中から今回、ご紹介するのは2004年1500万人を動員し、興行収入第2位の「ハウルの動く城」の都市伝説をご紹介します。

【閲覧注意】ポケットモンスター黃の都市伝説 ピカチュウは人殺し…? 

【閲覧注意】となりのトトロは殺人事件がモチーフだった!ジブリ都市伝説

【閲覧注意】人気ゲームどうぶつの森の都市伝説…。裏設定が怖すぎた

原作では2人が死亡

割と有名ですが、ハウルの動く城には原作があります。

ハウルの動く城の原作は1986年間にダイアナ・ウィンジョーンズ作の「魔法使いハウルと火の悪魔」というファンタジー小説です。

ネタバレになってしまいますが、原作では、ハウルとソフィーは最期に死んでしまいます。

ジブリ映画を見た人にはショッキングかもしれませんが、原作は一応ハッピーエンドです。

では、何故ジブリ映画では二人は死ななかったのかというと、宮崎駿監督は『この世は生きるのに値するんだ』ということを伝えるのが根幹にあると語っています。

さらに原作にはない、戦争のシーンがあります。

宮崎駿監督は戦争に対して強く抵抗を持っていています。

宮崎駿監督は安倍首相や百田尚樹さんも痛烈に批判されたことがあります。

なのでこの「ハウルの動く城」も「火蛍るの墓」と同様の反戦映画という位置づけだったのかもしれません。

なぜソフィーがおばあちゃんになるのか

ソフィーといえば、魔法使いに魔法をかけられて、見た目はおばあちゃんで年齢は18歳。

ハウルの動く城は、その魔法を解くために、家をでてハウルと出会い、共同生活をしながら恋に落ちるというストーリー。

おばあちゃんの設定で映画を撮ったのには訳があり、その訳とは原作にありました。

それは原作の著書でもあるダイアナ・ウィンジョーンズが牛乳アレルギーになってしまったことです。

牛乳アレルギーとは、なにも発作や湿疹、アナキラフィシーのようなものだけでなく、彼女に起こった症状は、髪が白髪にシワがでてくることでした。

そう、まさしく作中のおばあちゃんになったソフィーと一緒です。

つまり、彼女自身がソフィーであり彼女を主人公としたファンタジー小説だったのです。

そのことで原作を映画化するときにも設定は変えられなかったのです。

監督は森田守

そもそも、「ハウルの動く城」は、細田守監督だったそうです。

実は当初、ジブリ作品ではあるものの、ジブリの人間が監督する予定はありませんでした。

当時、東映アニメーションに在籍していた細田守氏がスタジオジブリに出向して監督を務める予定で、絵コンテも3分の2くらいまで出来上がっていたそう。

その絵コンテはある程度映像化されて、ジブリに死蔵されているという都市伝説があります。

公式には細田監督で制作されなかったのは、細田氏の母親が脳梗塞になって体調を崩したからだと言うことになっています。

細田氏は以前ジブリに入社しようと試験を受けたことがあり、カットを2枚提出するという課題でなんと150枚以上を提出したそう。

しかし宮崎監督は「君はうちにいない方が才能が伸びる」という手紙を書き、採用をしませんでした。

この時点からスタジオジブリとの間にはイザコザがありました。

宮崎監督は他人の才能を認めるが、同時に嫉妬して邪魔するという複雑な性格なので問題もあったのでしょう。

後に「当時の自分が大人ではなかったからだ」と語っています。

ですが原作のストーリーとジブリの世界観を表現するのは難しく、細田守監督が降板、そこで白羽の矢が立ったのが、宮崎駿監督です。

結果、映画は大人気で興行収入も第2位という記録を打ち立てました。

まとめ

宮崎駿監督も一番思い出に残る作品だと位置づけました。

それは、宮崎駿監督も「ハウルの動く城」は「相当格闘しました」と言われてるほど難しかったようです。

それだけ製作中に上記のような色んなことがあったからだと思います。

インタビューの中では「スタートが間違いだったと思うんですが」と苦笑い。

やはり原作があると、宮崎駿監督の世界観をすり合わすのは難しいようです。

もし、ハウルの動く城の続編があれば、是非宮崎駿監督の意志を継いだ作品を観てみたいですね。

それも細田守監督のもので…

-都市伝説
-ジブリ, ハウルの動く城

Copyright© MATOME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.