”MATOME" site for spare time

MATOME

事件

オウムが起こした事件はまだあった… 長官銃撃・村井幹部刺殺事件

投稿日:

先日、オウム真理教による事件で死刑が確定した教団元代表、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら7人に対し刑が執行されましたね…

皆さんはオウムが起こしたとされる未解決事件があるのをご存知ですか?

今回はそれについて調べてみたいと思います。

警察庁長官銃撃事件

この二つの事件は、真相や背景について謎が残されたままです。

地下鉄サリン事件の10日後の1995年3月30日、教団に対する捜査を指揮していた国松孝次警察庁長官(当時)が、東京都荒川区の自宅マンション前で何者かに背中や腹などを撃たれ重傷を負いました。

国松氏は一時重体となりましたが、一命を取りとめました。

教団信徒だった元警視庁巡査長は96年5月、「自分が撃った」と供述。

しかし警視庁は公表せず、捜査は進みませんでした。

何かあったんですかね…

真相

供述が同年秋に明らかになってからは拳銃の捜索も実施したが発見できませんでした。

警視庁は2004年7月には元巡査長と教団元幹部ら4人を殺人未遂などの疑いで逮捕したが、供述があいまいで不起訴となり、2010年3月、時効が成立してしまい事件はみかいけつのまま…

警視庁は時効成立時の会見で「オウム真理教のグループが組織的・計画的に敢行したテロだった」としました。

しかし容疑者は特定できず、会見をめぐって教団の後継団体が起こした訴訟では都が賠償を命じられました。

証拠がないならそうなりますよね(^_^;)

捜査に関わった同庁幹部の1人も「男が犯人だと思う。上につぶされた」と同調するも、別の幹部は「(元幹部は)全体を知る立場にいたわけではない。ただの感想オウムは無関係との見方も根強く、名古屋市の現金輸送車襲撃事件などで服役中の80代の男の関与も取りざたされた。文だ」と切り捨てました。

故村井秀夫幹部刺殺

1995年4月23日に起きた村井秀夫幹部(当時)の刺殺事件も、背後関係が分からないまま。

教団の東京総本部前で村井幹部を刺殺した元暴力団関係者は懲役12年の刑が確定しましたが、「殺害を指示した」として殺人罪で起訴された元暴力団幹部は無罪が確定。

東京地裁は元幹部への判決で「事件は何らかの背後関係があると強く疑われる」としつつ、実行犯の供述の信用性には疑問があると述べました。

被害所は報われませんよね(T_T)

村井幹部は松本死刑囚の側近で、教団による重大事件ではいずれも、中心的役割を果たしたことが裁判などを通じて明らかになっている。特に、地下鉄サリン事件では松本死刑囚から直接指示を受け、事件全体の総指揮を担ったとされています。

真相

「殺害は口封じだった」との見方が絶えないが、真相は不明です。

一方でオウムは無関係との見方も根強く、名古屋市の現金輸送車襲撃事件などで服役中の80代の男の関与も取りざたされました。

-事件
-オウム真理教, 麻原彰晃

Copyright© MATOME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.