”MATOME" site for spare time

MATOME

エンタメ 病気

神木隆之介は幼少期に病気にかかっていた!?子役になったのも病気がきっかけ?

更新日:

昔、天才子役として有名で今も俳優として大活躍している神木隆之介さん!!

しかし幼少期難病にかかっていたそうです(・・;)

なんでも子役になったきっかけでもあるとか…

そので今回は神木隆之介さんの病気について調べてみました!!

神木 隆之介(かみき りゅうのすけ)


生年月日:1993519日(22歳)

出身地:埼玉県富士見市

身長:167

血液型:B

学歴:私立日出中学校、私立堀越学園高校卒業

生存率1%病気を発症?

神木さんは、生後1週間で原因不明の感染症に掛かってしまいます。

それは生死に関わる重い消化器系の病気でした…

生まれたばかりの神木さんの体はミルクを受け付けることができなかったほど。

両親に告げられたのは「生存率1%」という事実でした。

しかし、神木さんは奇跡的に一命ととりとめ、順調に成長していきます。

ところが、この病気には再発の可能性がありました。

もしかしたら長く生きられないかもしれないと思った母が「息子の生きている証を残したい」と選んだのが、子役でした。

天才子役として成長

幸いにしてその後も再発はなく、子役の才能も素晴らしい神木さんは天才子役として世間に広まりました。

活躍の場は、芝居だけではなく声優としても。数々のジブリ作品に出演し、映画ドラえもんや海外アニメーションの吹き替えなども手がけています。

初めてのジブリ映画「千と千尋の神隠し」では湯婆婆の息子・坊役が、神木さんを担当しました。

アフレコ現場で、監督の宮崎駿さんが神木さんを絶賛していたそう。

そして現在さまざまなドラマ映画などで大活躍!!

これからもっと活躍していくことでしょう!

-エンタメ, 病気
-神木隆之介

Copyright© MATOME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.