”MATOME" site for spare time

MATOME

事件

新幹線のぞみ殺傷事件!残忍な犯人の素性とは?

投稿日:

6月9日東海道新幹線のぞみで乗客3人が刺される事件が発生しました。

殺人未遂容疑で逮捕された無職小島一郎容疑者(22)は複数の刃物を持ち込んでおり、計画的で強い殺意を持っていたと見られています。

今回はこの事件の犯人について調べてみました。

まずは事件の内容から。

事件の内容

事件は9日午後10時前、新横浜〜小田原間を走行中の東京発新大阪行き「のぞみ265号」12車両で発生しました。

切られた3人のうち、男性1名が死亡、女性2人が軽傷を負いました。

死亡した男性はこの2人の女性を止めに入って切りつけられたそう…

男性は12号車の中ほどの通路で倒れており近くに凶器のなたが落ちていました。

首付近を切りつけられており、傷は数十カ所と見られています。

犯人の素性

小島一郎容疑者は愛知県位置出身の22歳。

定時制高校を卒業後、職業訓練校を経て、埼玉県内にある企業に就職します。

しかし人間関係を理由に一念で退職。

実家の両親とも上手くいっておらず、2016年10月から叔父の家で暮らしていました。

何度か家出したことがあり、長野県内で保護されたこともあるそう。

叔父によると本人は「俺は何の価値もない人間だ。自殺したい」と度々口にしていたと言います。

半年前に「旅に出る。自由に生きたい」といって自転車で家出。

その際、祖母からキャッシュカードをもらっていた様子。

まとめ

小島容疑者は人間関係に悩んでおり、それに疲れてむしゃくしゃして犯行に及んだと思われます。

家族とも上手くいかず、常に孤独の中で生きていてそれに耐えられなかったのではないかと思います。

このことは小島容疑者だけでなく、人間誰しも言えることではないでしょうか。

彼の人生がもう少しでも恵まれていたらとつい考えてしまいます。

しかし、人の命を奪ったことには変わりありません。

被害者とその遺族のためにしっかりと罪を償うことを望みます。

被害者のご冥福をお祈りします。

もう二度とこんなことが起こらないように皆さんも家族を大事にしてください。

閲覧ありがとうございました。

-事件
-東海道新幹線のぞみ, 殺人事件

Copyright© MATOME , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.